店主のトマト博物館

店主のちょっとした遊び心です。ご覧ください。
コニカ(KONICA),トマト銀行,完熟トマトのラーメン,太陽のトマトカレー
(※現物または写真を農園直売所に展示しています。)


トマトはお好き? コニカ トマト

トマトはお好き?
コニカ TOMATO
販売者:小西六写真工業株式会社 (現 コニカミノルタ社
発売年:1985年
35mm版カメラ

真っ赤なボディーがトマトを連想させます。
固定焦点・シャッター速度固定式カメラ。女子中高生ターゲットの、お姉さん向けです。2011年に現物、パンフレットを入手しました


トマトはお好き? コニカ トマトの純正ケース

奇跡の発見!
コニカ TOMATOのケース
販売者:小西六写真工業株式会社 (現 コニカミノルタ社
発売年:1985年
35mm版カメラ用ケース


上記「トマトはお好き? コニカ トマト」の純正ケースです。
2013年1月に元箱付き新品で入手しました


完熟トマトのラーメン

女子大生とつくった
完熟トマトのラーメン
販売者:寿がきや食品株式会社
発売年:2011年9月
数量限定販売

「女子大生とつくった」が、メーカーと女子大生のコラボ感を出してます。 スープは、「甘みが強いポルトガル産のトマトにチキンエキスを加え、ガーリック、オニオンなどの香味野菜を合わせたスープ」。トマトの味が前面にしっかり出たスープで、商品名のとおりしっかりトマトしています。


太陽のトマトカレー

トマトと炒め野菜の豊かなコク
太陽のトマトカレー
販売者:カゴメ株式会社
発売年:2011年2月
レトルトパウチ食品

丁寧に炒めたたまねぎ・にんじん・セロリなどの香味野菜と、完熟トマト2.5個分をじっくり煮込んだ、野菜の豊かなコクとトマトの爽やかさが特長です。さらに、バジルとパルメザンチーズを加え、イタリアン風の新しい味わいのカレーに仕上げられています。カロリーが気になりがちなカレーメニューの中でも123Kcalとヘルシーでありながら、完熟トマトの果肉がしっかり感じられる食べ応えのあるカレーです。(とはカゴメさんの弁)


トマト銀行

にんげん大好き
トマト銀行
正式名:株式会社トマト銀行
設立年:1989年

岡山県岡山市に本店を置く第二地方銀行。 商号は、世界中で愛され庶民的で認知度の高い“トマト”が、転換後に目指す新しい銀行のイメージと一致したことに由来するもので、シンボルマークもトマトをモチーフとしたものとなる。当時の銀行名称としては斬新であったため流行語大賞の候補に挙げられる、トマト加工業国内最大手の「カゴメ」が新規口座開設する等話題になった。(wikipediaより抜粋)
※写真は岡山で撮影するまで借り物です。 。


トマト銀行カレンダー2013年

にんげん大好き
トマト銀行カレンダー2013年

上記、トマト銀行の2013年カレンダーです。岡山の知人経由で入手しました。 。


トマト片手鍋

かわいい!
トマト片手鍋
正式名:ヴイ・フル アルミ トマト片手鍋VF-001



100V・200VのIH調理器にも使用できます。
製品寸法:/約17,7(内径)×9cmです。
表面加工/内:フッ素樹脂加工です。外面:焼付塗装です。満水容量/約2,26Lです。
主材質/本体=底部:アルミニウム合金(厚さ2,5mm)です。ふた:アルミニウム合金(厚さ1,5mm)です。
ハンドル:カラー・ペークライトです。ツマミ:66ナイロンです。 。


つややかトマト石鹸

トマトで美しい肌を
つややかトマト石鹸
正式名:ファインケアソープ つややかトマト
製造・販売:(株)マックス

パッケージのデザインが良かったのと、トマト石けんという、なんとも不思議な感じネーミングに惹かれました。日本製というのも今の時代では魅力的です。 。


ペーパーナプキン

使うにはもったいない
ペーパーナプキン
正式名:ドイツ製ペーパーナプキン POMADORO ROSSO トマト
通販で見つけました。
トマトの赤がアクセントのなっています。
使うのがもったいない気がします。 。


トマトのマウスパッド

浅小井トマトのノベルティではありません
トマトのマウスパッド
正式名:マウスパッド トマト絵


通販で見つけました。大胆なトマトの絵が気に入りました。 。


真っ赤なトマト

本物そっくり
真っ赤なトマト
正式名:本物そっくりの真っ赤なトマト
設立年:1989年

サイズ:約直径7.5cm、材質:発泡スチロールにコーティングでできた本物そっくりの真っ赤なトマトです。 。



朝恋トマト

トマトの規格

●大玉~
A:秀
B:(小キズあり)
規格外:ワレ・キズあり

●中玉~
A:秀
規格外:小キズ・ヘタ落ちあり

※規格外は無い時があります。事前にお問い合わせください。

店主のトマト博物館

オリジナル加工商品

このページの先頭へ